TATU BLOG

競馬で堅実に勝つ考え方と予想を綴っています。

思い出の宝塚記念、今年はどの馬?

f:id:o-tansu:20200625202003j:plain

どうもこんにちは!TATUです。

昨年の有馬記念から早くも約半年が経ち、今年もグランプリ、宝塚記念の季節がやってきましたね。

ファン投票1位のアーモンドアイは出走しませんが、今年の大阪杯1、2着のラッキーライラック、クロノジェネシスをはじめ、有馬記念2着のサートゥルナーリアなど、楽しみなメンバーが揃ったのではないでしょうか。

宝塚記念といえば、G1の中で、僕が一番多く現地観戦しているレースです。
ゴールドシップの大出遅れ、キタサンブラックのまさかの敗戦、負けるなんて微塵も疑っていなくて、特にキタサンブラックは、ディープインパクトが負けた有馬記念や凱旋門賞くらいショックでした。

初めて競馬場に行って見たレースもナカヤマフェスタが勝った宝塚記念。
本命ははっきり覚えてないですが、確かドリームジャーニーから馬連やら3連単を買った気がします。

外からノーマークのナカヤマフェスタが伸びてきて1着でゴールイン。
ナカヤマフェスタ何それ〜そんな馬出てた?!って感じですよ。

それでも初めての競馬場は、開放感があり清々しく、大歓声と目の前で走る競走馬の迫力に感動したのを覚えています。

そして1年前の宝塚記念も現地で観戦しました。
1週間前から、そして当日もずっとリスグラシューを買うぞと思っていました。

しかしレース15分前、券売機も混雑しているし、そろそろ買いに行かなくてはと思っていた矢先、見知らぬおっさんから悪魔のささやきを聞いてしまいました…。

「海外帰りやけどレイデオロの仕上がりめっちゃいいわ」
「終わったら結局ルメールかってなりそうやな」

競馬場ではこういう事を言っている人はたくさん居て(ていうか自分も言ってる。)
普段だったらそんなので予想を変更することはありませんが、その時それを聞いた僕は、無性にそうなりそうな予感に駆られてしまいました。

それから何度考えても、好位4〜5番手からレイデオロが力強く抜け出してくるイメージしか想像できない。

そして買った馬券は、レイデオロの単勝!

最後の直線、内で伸びあぐねるレイデオロを尻目に、同じ勝負服のリスグラシューがキセキを交わして先頭に立つ(゚o゚;;
残り200mからさらに後続を引き離し、終わってみれば3馬身差の圧勝。
レイデオロは5着。はぁ〜。゚(゚´Д`゚)゚。

的中できたはずなのに、最後の最後で買う馬を変更するという痛恨のミス。
競馬は難しいと自分に言い聞かせながら帰りました。

 

|今年の本命は?

前置きが長くなりましたが、今年の宝塚記念は◎クロノジェネシスです。

毎年梅雨の時期に行われるレースのため、力のいる馬場はこの馬向き。
内回りということもあり、1000m過ぎからのロングスパートな流れになりやすく、35秒から36秒台と上がりの掛かる持久戦になるのも有利です。
また1年前と比べ20キロ以上も体重を増やし、1戦1戦強さが増しています。

1番人気が予想されるサートゥルナーリアも強いですが、本当に強いと思ったレースはポープフルSと神戸新聞杯のみ、ぶっつけで皐月賞制覇や調教駆けすること、リップサービスによって、過剰評価されていると思うんですよね。
もちろん消すまでは行かないですが、抜けた人気ほど強いかは疑問を持ちます。

馬券は単複で勝負。
思い出の宝塚記念、今年は当てたいです。


最後まで読んで頂いて、本当にありがとうございます!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

少しでも参考になったとか、頑張れと思って頂けるなら、ポチっとバナーをクリックして、応援頂けるととても嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村