TATU BLOG

競馬で堅実に勝つ考え方と予想を綴っています。

いよいよ今年も日本ダービーがやって来る

f:id:o-tansu:20200529224903j:plain

どうもこんにちは!TATUです。

 

今週はいよいよ日本ダービーですね。

今年も日本ダービーの季節がやってきました。
毎年思うことですが、競馬をやっていると1年があっという間に過ぎていくように感じます。
そう感じるのは僕だけじゃないはず。

先週行われたオークスでは、デアリングダクトが2冠を達成。
無敗の2冠馬は、1957年のミスオンワード以来の快挙のようですね。
63年ぶりですよ、凄すぎです。

その無敗の2冠馬が、今年は牡馬でも達成される可能性があります。
そう、1番の注目馬はコントレイルですよね。

|日本ダービーの本命

さっそくですが、今回の日本ダービーの本命は”コントレイル”です。
日本ダービー断然の1番人気、福永騎手で不安に思われている方もいると思いますが、今回は、強い馬は強いの結果だと考えます。

ちなみに福永騎手ですが、G1で1倍代の圧倒的人気に乗った時は、エピファネイアの菊花賞、シーザリオのオークス、レーヴディソールのジュベナイルF、ピースオブワールドのジュベナイルFと、しっかり持ってきています。


|皐月賞の内容が素晴らしい


前走の皐月賞では、前半1000mが59.8秒。
ウインカーネリアンが少し離して逃げて作ったペースなので、コントレイルはややスローペースといったところ。

ペースの上がった残り800mからじわりと進出を開始し、11.9秒のラップを刻んだ残り600mから400mのところで、大外から他馬とは違う手応えで上がっていきました。
そこから11.8ー12.1秒でまとめ完勝。

スタートもよく、折り合いにも不安がありません。
さらに反応の良さ、瞬発力、長く脚を使えるなど、現時点では包まれるくらいしか死角は見当たりません。


|内枠有利

日本ダービーはCコース替わりの2日目に行われ、その影響で内枠有利になりやすいと言われています。

先週は、1600mの未勝利戦で1.33.2秒、3歳1勝クラスで1.31.7秒と非常に早い時計が出ており、東京コースは高速馬場となっています。

そのため今回の日本ダービーも、内枠である程度先行できる馬が有利だと思われます。

3枠5番の好枠を引いたコントレイルは、皐月賞こそ1枠で馬場も悪かったせいか、後方よりの位置どりになりましたが、本来はスタートも良くどこからでも競馬できるタイプです。

今回はある程度先行すると思いますし、内枠有利の傾向を考えると、かなり有利にレースを進められるのではないでしょうか。

|穴馬は

穴馬では、ダーリントンホールに注目しています。
おそらく5番人気くらいなので、穴馬というほどではないですが。

前走の皐月賞では、スタートで後手を踏み後ろからの競馬になり、4コーナーもコントレイルのさらに外を回らされる不利な状況の中、最後までしぶとく伸びた内容は悪くありません。

左まわりの共同通信杯を勝っているのも強調材料で、1度叩いての上昇も見込めます。

 |2冠が濃厚

今回の日本ダービーは、コントレイルの2冠が濃厚だと思っています。
誰でもできる予想ですよね( ̄∀ ̄)
予想というか、そんなの言われなくて分かってるレベルですね。

競馬やっている人なら、日本ダービーと有馬記念は、何としても当てたいレース。
悔いのない馬券を購入し、的中をもぎ取りましょう。

いよいよ今年も日本ダービーがやって来ます。

PVアクセスランキング にほんブログ村