TATU BLOG

競馬で堅実に勝つ考え方を綴っています。

【予想】マイルCS ダノンキングリーは不安?

f:id:o-tansu:20191114125111j:plain


こんにちは、TATUです。

 

先週のエリザベス女王杯の本命ラブズオンリーユーは3着、スローのなか位置どりは良かったように思いましたが、直線伸びきれず。

やはり休み明けの影響があったんでしょうかね。


買ったのはラッキーライラックとスミヨン騎手でした。

やっぱり外国人騎手は上手い!と思いつつ、日本人騎手と何がそんなに違うのかとも思うんですよね、

陣営も勝てると思うタイミングで乗せるからというのもありますが、あまりにもあっさり勝たれてしまうと、日本人として寂しい気もします。


さて今週、11月17日(日)はマイルチャンピオンシップ(G1)です。
京都競馬場で行われる、芝1600m。

f:id:o-tansu:20191114151018j:plain

秋の京都開催最後のG1となります。

出走予定は、ダノンプレミアム、ダノンキングリー、インディチャンプ、アルアイン、ダイアトニックなど。

予想オッズはこんな感じです。

ダノンプレミアム 2.4
ダノンキングリー 3.7
インディチャンプ 6.7
アルアイン    7.4
ダイアソニック  8.9


1番人気はダノンプレミアム。前走の天皇賞(秋)ではアーモンドアイの2着に好走。
故障明けの日本ダービーとリズムを崩し参考外の安田記念を除き、連を外しておらず、距離もベストと思われる1600mです。

2番人気はダノンキングリー。今年の皐月賞3着、日本ダービー2着と現3歳世代の上位馬。前走の毎日王冠は出遅れ後方から、1頭だけ違う脚で差し切り快勝。
2着アエロリットが次走の天皇賞(秋)であの強力メンバーに3着と好走。

今年のマイルCSはダノン2頭が人気を集めそう。

 

スローペースの可能性高そう

今年のメンバーの中で逃げそうなのは、グランチァーレかマイスタイルぐらい。
共に絶対逃げたいタイプではなく強力な逃げ馬が不在。スローペースになる可能性が高そう。そうなると好位の内で脚を溜めた馬が有利になりそうで、内枠を引いたダノンキングリー 、インディチャンプは有利にレースを進めれそうです。

 

しかし、ダノンキングリーはあまり買いたくない

1番人気にもなりそうなダノンキングリーですが、飛ぶ可能性も高いと見ています。
これまで6戦全て馬券内で、前走も出遅れ後方から鮮やかな勝ちっぷりに人気を集めていますが、不安要素が多い。
このレースは関東馬があまり来ていません、まして初遠征初京都と不安が大きい。
前走の毎日王冠はレースラップの落ちない流れで、54キロと外差し馬場であったことが、かなり有利に働いたと思いますので、レースのインパクトを鵜呑みにするのは危険でと考えます。

本命馬は

マイルCSの本命は、

インディチャンプです。

毎日王冠では、陣営もマイラーズCくらいの出来と言っていたように、叩き台だったことは明白。
レースでは最後脚色が鈍くなったようにやはり1800mもこの馬には長く、さらに58キロも影響が大きかったと思います。
今回は状態、斤量、枠、条件が好転します。スッと好位につけられますし、速い上がりにも対応できますので、内で脚を溜めれば、直線弾けてくれると予想しています。

穴馬として面白しろそうなのは、マイスタイルだと考えています。
2番にグランチャーレが入ったことで、内を見ながらすんなりと先行できそう。
相手なりに走るタイプで、先行してしぶとさが特徴、京都も得意で、今の京都の馬場も合いそうですので粘りこみに期待したいです。


 最後まで読んでくれた方ありがとうございます。