TATU BLOG

競馬で堅実に勝つ考え方と予想を綴っています。

【予想】天皇賞(秋)

f:id:o-tansu:20191025132446j:plain


 こんにちは、TATUです。

 

10月27日(日)に東京競馬場で天皇賞(秋)が行われます。

予想オッズを見る限り、アーモンドアイとサートゥルナーリアの2強ムードです。
強い2頭に外国人騎手が乗る、崩れるイメージは湧かないのが現実。

 

□買い方
予想は簡単でも、買い方が重要。

絞りすぎて外す事だけに注意しましょう! 


1着アーモンドアイ固定の馬単。


1着アーモンドアイー3着サートゥルナーリア固定の3連単。


予想オッズはこんな感じです。
1人気 アーモンドアイ    1.7
2人気 サートゥルナーリア  3.5
3人気 ダノンプレミアム    9.0
4人気 ワグネリアン     9.8
5人気 スワーヴリチャード  11.5

□アーモンドアイの一強だと思う


そんなのわかってるよと言われそうですが、アーモンドアイが一番強いです。

昨年牝馬3冠、ジャパンカップ、そして今年のドバイシーマクラシックを制するなど、強さに関しては説明不要。

前走の安田記念で負けはしましたが、そもそも勝ちたいレースではなく、海外帰りもあって中途半端な仕上がりでした。直線では狭くなる場面もあり、猛然と追い込むも届かず3着でしたが、負けて強しの内容でした。

今回はベストに近い距離で、力を発揮できると思います。

 

□サートゥルナーリアの扱い


 このレースで一番のポイントが、このサートゥルナーリアをどうするかでしょうか?

無敗で皐月賞制覇などG1を2勝。前走の神戸新聞杯では好位から最速の上がりで圧勝。
秋初戦の圧勝ぶり、未知な魅力とスミヨン騎手騎乗で人気は確実です。


しかし、実際ダービーでは負けていますし、神戸新聞杯ではダービーの敗北でこれ以上負けられない状況、かなり仕上げられており、他馬とは仕上がりの差があったと予想。
着差や見た目のパフォーマンスをうのみにするのは危険だと思います。

ただ化け物の可能性があるのはやはりサートゥルナーリアでしょうか。


□ダノンプレミアムの扱い


気性的に休み明けを苦にするタイプではないですし、前走の安田記念にしても、スタート直後の不利でリズムを崩し、馬、騎手共にやる気は無くなったと思われます。

2000mまでなら距離も大丈夫だと思われ、好位で折り合うことができれば、巻き返してくる可能性は高いと感じます。

 

□馬券内に来てもおかしくない馬

✔︎ ワグネリアン
好位から堅実に脚を使うことができ、大崩れはなさそう。
このくらいの人気の福永は安定してくる。

✔︎アエロリット
東京が得意で、楽に逃げれそうなメンバー。
前走も最後差し返えす根性を発揮、自分の競馬ができれば距離も持ちそう。

✔︎ユーキャンスマイル
菊花賞3着の実績がありますが、2000m〜2400mくらいがベスト。
左回りでは崩れ知らず、速い上がりのも対応できる。

 

 最後まで読んでくれた方ありがとうございます!

PVアクセスランキング にほんブログ村