TATU BLOG

土日の16時くらいに「競馬は難しい」とよく言う男の競馬と雑記blog。

やっぱりレーン騎手は凄かった!宝塚記念。

f:id:o-tansu:20190625193405j:plain


こんにちは、TATUです。


6月23日(日)に阪神競馬場へ宝塚記念を観に行きました。

梅雨の時期で悪天候の中で行われることも少なくないですが、今年は晴れて良かったです。

松坂桃李さんも来てましたね、かっこ良かったです。

いつもより女性の方が多く、レース後のトークショーも盛り上がってましたね。


さて今回の宝塚記念ですが、

3番人気推された、ダミアン・レーン騎手騎乗のリスグラシューが優勝。

善戦タイプのイメージが強く、2、3着を想像した人は多かったのではないでしょうか?僕もそうです。

レースは好位追走から、直線上がり最速の脚で抜け出し、圧巻の3馬身。

あっさりすぎる勝ち方に「やっぱりレーン騎手凄い」としか言いようがありませんでした。


勝利のポイントとしては

・ハーツクライ産駒の成長力


ハーツクライ産駒は2歳戦から走リますが、本格化は遅めで、4歳になってからどんどん力を付けるタイプが多いです。

リスグラシューもまさにそんなタイプと言えます。

もともと力があり、G1でも上位争いをしていましたが、最近のレースぶりや、

昨年のG1エリザベス女王杯の制覇、海外の強豪と接戦を演じていたことからも、
かなり強くなっていることが伺えていました。


そこにレーン騎手の騎乗

・1コーナーまでの位置どり

これまで中団から差しの競馬をしてきましたが、今回はなんと2番手からでした、

少しかかる所があるので、前に馬を置いて折り合いをつける競馬がベターだと思っていました、

しかし、好スタートからペースが落ち着きそうと見るやスッと2番手につけ、かかってる?と思いましたが、

1コーナーではピタっと折り合いをつけれたことが、好位からでも直線でいつもの脚を使うことができ、勝利に繋がったと思います。


・まとめ

リスグラシューの成長力、勝ち方、ダイアン・レーン騎手の凄さに驚かされました、

まだまだ強くなりそうで、秋にはアーモンドアイとの対戦が楽しみです。

競馬は競馬場で見るのが最高ですね、青々とした芝生、そこを走るサラブレット、広々と解放的な雰囲気で、とても心地よいです。


読んでいただいた方ありがとうございます!