TATU BLOG

競馬で堅実に勝つ考え方を綴っています。

かしわ記念でモズアスコットが惨敗した原因を考えてみた

f:id:o-tansu:20200506225809p:plain


どうもこんにちは!TATUです。


5月5日に船橋競馬場で行われた”かしわ記念”は、6番人気ワイドファラオが逃げ切り勝ち。

今年は7頭と少し寂しい馬柱となりましたが、2月のフェブラリーSを制したモズアスコット、一昨年のチャンピオンズCを勝ち1年半ぶりの復帰を果たすルヴァンスレーヴなど、粒揃いのメンバーが集まる注目の一戦となりました。

しかし注目されたモズアスコットは6着、ルヴァンスレーヴは5着、共に見せ場なく敗退。

ルヴァンスレーヴに関しては、素人目に見てもまだ体が緩く余裕残しの仕上がり、1年半もレースに出れないような状態でしたので、まあ仕方ないのかなという印象です。

一方のモズアスコットは、パドックでは悪くは見えなかったですが、レースでは4コーナーで、ルメール騎手が必死に追うも手応えなしでズルズルと後退し、馬がすり替わってしまったのではと感じるほどの惨敗でしたね。

あまりにもあっけなに負け方に、唖然とした方も多かったのではないでしょうか。
今のダート路線は突出した強い馬が不在で、どれが勝ってもおかしくない勢力図なのかもしれませんが、モズアスコットの負け方には驚きました。

モズアスコットの敗因は何なんでしょうね、考えてみました。

 

|仕上がり不足

フェブラリーSの状態を100%としたら、おそらく70%くらいだったのかなと、深い砂の適正よりも、個人的にはこちらが惨敗した一番の理由だと思います。

また、フェブラリーS後にしっかり休養する訳でもなく、3月に高松宮記念を使ってしまい疲れが溜まっていたとも考えられ、ダート→芝→ダートとコロコロ条件を変えて使ってしまったっことで、馬が戸惑った部分もあるかもしれません。

 

|地方の深い砂が合わない

フェブラリーSの勝ちタイムが1分35秒2で、今回の勝ちタイムが1分38秒6。
東京ダートコースと違って、1分38〜39秒も要する地方の深い砂はモズアスコットには合わなかったようです。

レース後のルメール騎手も「深い馬場で脚を取られて、ブレーキを掛けていた」とコメント。

元々は芝で活躍していたため、東京のような軽い馬場のコースのほうが合っているのかもしれません。
フランケル産駒はパワー型のタイプが多く、地方競馬場との相性も悪くないので、こなしてくれると思いましたが。

 

| ダートスタートは苦手

根岸ステークスの出遅れ、さらに今回もスタートで躓き、スタート後はすぐに立て直せれたので、レースでは問題ありませんでしたが、ダートスタートは苦手なのかもしれません。

今後もダートスタートのレースでは、出遅れや出負けを繰り返してしまうかもしれませんので注意が必要です。

 

|武蔵野Sに出てくれば全力買い!

かしわ記念は惨敗したモズアスコットですが、体調面、ローテーション、初めての深い馬場とコーナーを4つ回るコースなど、様々な悪い要因が重り、力を出せなかったと思います。
今は少し休んだほうがよさそうです。

地方の馬場が必ずしも駄目だという訳ではないと思いますが、地方では様子を見た方が無難だと思います。
中央の軽いダートコースに戻れば、すぐに巻き返しも可能でしょう。

次は条件が合いそうなプロキオンSか武蔵野Sに出てきてほしいですけど、安田記念に行きそうですね…。

 

 

出遅れの原因と馬券での対策

f:id:o-tansu:20200429000157p:plainどうもこんにちは!TATUです。

阪神大賞典で単勝1.6倍の圧倒的1番人気キセキが大きく、いや大き過ぎる出遅れは記憶に新しいところ。レースの結果も7着に敗れてしまいました。

次走の天皇賞(春)でも、今回は出るの?また出ないの?と競馬ファンを悩ますことになるでしょう。

馬券を購入し、いざスタートと思った次の瞬間、まさかの出遅れでテンションだだ下がり、もう無理だと思った経験ありますよね。

出遅れは位置どりを悪くしてしまうことや、最悪そのままレース参加せず終わってしまうことも度々あり、やっかいなもの。

今回は、このやっかいな出遅れについての内容になります。

 

 |出遅れ癖で思い出す代表馬

・ルーラーシップ

先ほどのキセキの父親です。
元々スタートの悪い馬でしたが、年齢を重ねるにつれて出遅れ癖が悪化。

そして引退レースでもあった有馬記念で大出遅れ、わずか数秒で先頭から10馬身以上離されてしまいました。

それでも直線では追い込み3着に入ったことからも、力は相当なものがあったと思われます。意外にも海外G1を勝利しています。

・ゴールドシップ
有馬記念や宝塚記念の連覇などG1を6勝した名馬です。

スタートは悪く、普通に出ても進んで行かなかったり、気持ちが乗らなかったら全然走らなかったりと、とても気分屋でした。

3度目の正直で天皇賞(春)を制し、3連覇のかかった得意の宝塚記念では、圧倒的1番人気に支持され、死角らしい死角はないと思われていましたが、ゲート内で立ち上がり世紀の大出遅れを起こしました。

 

|出遅れる原因

出遅れる原因は、馬の気性や騎手のミス、後は単純にスタートで躓いたり脚を滑らせたりして出遅れてしまうケースもあります。

躓いたり滑ったりはいわばアクシデントですし、騎手のミスもゲートが開く瞬間の合図が遅れただけなので、馬自身の問題ではなく、今後のレースではそこまで気にしなくてもいいでしょう。

問題は馬の気性の場合です。

調教でゲート練習を行いゲートに慣れさせても、本番ではどうしてもゲート内で興奮してしまう馬や、ゲートが開いてもモッサリ出でてしまう馬もいます。
血統的にも兄弟みんなゲートが早くないということもあるので、出遅れ癖は遺伝でもあり、個性みたいなものなのです。

こういうタイプの馬は、その後も出遅れを必ず繰り返しますので注意が必要です。

 

|馬券での対策

気性の問題で出遅れ癖のある馬は、調教でスタート練習すれば治るとは限らず、出遅れ癖が1度付いた馬は、何度も繰り返します。
はじめはスタート悪かったけど、レースを重ねるにつれて上手くなっていく馬をあんまり見たことありません。

なので今回は出てくれる、と期待して裏切られ、騎手や調教師に向かってバカヤローとなる前に、出遅れ癖のある馬は買わないのが大切です。
買わないはさすがに怖いのであれば、軸にはしないのがいいでしょう。

それに出遅れたにも関わらず、猛烈な追い込みを決めた馬は、次走必ず人気しますので、美味しくない馬券を買うことにもなります。
買いたくなる気持ちはすごく分かりますが、出遅れが怖いしなと思った時は、馬券を見送る決断も必要じゃないかと思います。

【ネット投票】口座の残高を長く持たせるためにやるべき2つのこと

f:id:o-tansu:20200426001818j:plain


どうもこんにちは!TATUです。

馬券の売上の70%はネット投票でのもので、最近では各地の競馬場やウインズ閉鎖の影響で、ネット投票を利用する人が増えています。

便利で気軽に利用できる反面、現金よりもゲーム感覚で賭けてしまい、気づけば賭けすぎてしまうことも。

増やそうと思ってやっている競馬なのに、毎週、毎月、口座へ入金する日々を繰り返していませんか?競馬では増やすことよりも減らさないことが大切です。

そこで今回は、口座の残高を長く持たせるために、やるべき2つのことをご紹介します!

 

平常心を保てる金額で賭ける

競馬で勝つには当てることも大事ですが、どれだけ平常心を保てるかというメンタル面も大きく影響してきます。

はじめは冷静でも、1度の外れでメンタルが大きく崩れ、取り返そうと根拠もないレースに大きく勝負し、さらに傷口を広げ、最終的には大きな金額を失ってしまうもの。
なので平常心を保てる金額で賭けることが大切です。

間違ってもこれは鉄板だからと、1倍代に大金をぶち込むような賭けかたは絶対にしてはいけません。「今から買う馬券は外れてもいい金額なのか」このように自分に確認するのがいいと思います。

ここで「外れたら流石にヤバい」「絶対に負けられない」などと思ってしまう人は、賭ける金額を見直して方がいいでしょう。
もし外れた場合はメンタルが大きく崩れ、更なる大負けに繋がる恐れがあります。

 

ルールを設定し大負けをなくす

自分の中でルールを設定することで、大負けを防ぐことができます。
例として僕が実践しているルール設定を紹介します。

◽︎1レースに使う金額の上限を決めておく

僕は1レースに使う金額の上限を、平場やG1に関係なく1万円と決めています。
昔は日本ダービーや有馬記念などの大レースでは、入れ込みが激しくもっと大きな金額を賭けていました。

また、このレースで負けを取り返してやると、身の丈にあっていない金額を賭けてしまっては負けを繰り返してもいました。

しかし上限を決めることで、熱くなって大負けをすることはなくなりました。(厳密に言うとありますが)
最初はなかなか難しいと思いますが、辛抱強く続けていくことで徐々に慣れてきます。

◽︎勝負レースを2回外した時点でその日は勝負しない

僕が実践するルール2つ目は、勝負レースを2回外れた時点でその日は勝負しないということです。

理由は勝負レースを2回外れた時点で、その日は高配当を当てるとかしないと回収はほぼ不可能ですし、取り返そうとして目の前のレースに手を出してしまう可能性が高いからです。

また予想が上手く噛み合わない日も必ずあると思います。
乱れ撃ちしてしまっては、いくら1レースに使う金額の上限を決めていても意味がありません。

 

長く楽しむには残高0円を起こさない

口座の残高を長く持たせるためには、とにかく大負けを無くす必要があります。
そこで今回紹介した熱くならず、使う金額や勝負する回数のルールを設定することで、負けを最小限に抑えることが可能です。よかったら実践してみてください。

これに限らず自分なりのルールを設定し、口座の残高を維持しながら、競馬を長く楽しみましょう。

良血牝馬スカイグルーヴの血統が凄い

f:id:o-tansu:20200424172717j:plain

どうもこんにちは!TATUです。

エピファネイア、キングカメハメハ、シーザリオ、日本競馬を盛り上げた名馬たち。
その名馬たちの血を受け継ぐスカイグルーヴという牝馬をご存知でしょうか。

4月26日に東京競馬場で行われるフローラステークス(G2)に日本屈指の良血牝馬スカイグルーヴがルメール騎手騎乗で登場します。

このスカイグルーヴは昨年11月の新馬戦を5馬身で完勝。続く2戦目は、牝馬でありながら果敢に1月の京成杯(G3)に出走し、2着に敗れたものの、早め先頭の横綱相撲から勝ちに行く競馬を見せ、負けて強しの内容でした。

そして今回、5月に行わるオークス(G1)に向けていよいよ始動します。競争馬として能力もさることながら、スカイグルーヴの血統には、歴代の名馬がずらり。

 

血統が凄い

 

エピファネイア シンボリクリスエス
シーザリオ
アドマイヤセプター キングカメハメハ
アドマイヤグルーヴ

スカイグルーヴの、父エピファネイアは菊花賞、ジャパンカップを勝ち。父父シンボリクリスエスは天皇賞(秋)ジャパンカップをともに2勝。父母シーザリオはオークス、アメリカンオークスを勝ちと名馬が並びます。

母系も負けてはいません、母アドマイヤセプターは重賞勝ちこそないものの、ダービー馬ドゥラメンテの全妹で京成杯2着馬。母父キングカメハメハはNHKマイルカップ、日本ダービーを勝ち。母母アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯を3連覇。

さらに父母シーザリオの父はスペシャルウィーク、母母アドマイヤグルーヴの母はエアグルーヴ。競馬ファンなら誰でも知る名馬だらけの、ゲームの世界のような血統なのです。

 

東京2400m(オークス)を宿命つけられた血統

先ほど紹介した数々の名馬は皆、東京2400mを得意としていました。母アドマイヤセプター、母母アドマイヤグルーヴこそ東京2400mのレースを勝っていませんが、その他、紹介した全ての馬は、日本ダービーやオークス、ジャパンカップのビックレースを勝利しています(シンボリクリスエスは日本ダービー2着)。

スカイグルーヴも東京2400mで行われるオークスへ出走はもちろん、勝つことを宿命つけられた馬だと言えます。

 

ルメールも絶賛の新馬戦

11月に行われた新馬戦、ルメールを背に単勝1.4倍の圧倒的な1番人気に支持されました。

レース内容も圧巻の内容。好スタートからジワっと押し出されるようにハナに立ち、1000mを通過したあたりから少しペースを上げ、直線に入ってもルメールは手は持ったまんま、ラスト400m過ぎたところでわずかに促すと、グっと沈むよな走りに変わり加速し、後続を突き放し完勝。

ラスト600mを、11.8ー11.2ー11.1の加速ラップでまとめたあたり、まだ余力十分で大物を予感させる内容だったと言えます。

この走りに対して、騎乗したルメール騎手も「能力がある。凄い!凄い!」と絶賛したようです。

 

♦︎勝てばオークスが盛り上がること間違いなし

良血牝馬スカイグルーヴは胸が高鳴るような素晴らしい血統の競走馬です。

今回のフローラステークスでは、競馬ファンの期待を一身に背負って走ります。

5月に行われるオークスに向けて夢が広がるような走りに期待したいところ。
有力馬が揃うシルクレーシングから、アーモンドアイを受け継ぐようなスターホースがまた1頭誕生するのか、注目の一戦です。

 

 

 

複勝とはローリスクな馬券

f:id:o-tansu:20200423130006p:plain


どうもこんにちは!TATUです。

馬券には「単勝、枠連、複勝、馬連、馬単、3連複、3連単」様々な種類がありますよね。
中でも3連単は馬券の売上30%のシェアを誇り、2008年から全レースで購入ができるようになってから大人気の券種です。

一方で、複勝のイメージってどうでしょうか?

「オッズが安すぎて買う気がしない」
「それなりに金額賭けないといけないから、外れると痛い」
「1倍代の配当が当たっても楽しくない」

当たると何万円、さらには何十万円にもなる3連単が好きな人からしたら、複勝なんてまさしくハイリスクでローリターンだと思われがち。

確かに複勝はオッズが低く、外れる時は普通に外れるものですが、当たりやすさをリスクと考えるのであれば、こんなに安全な馬券はありません。

そこで今回は、複勝について説明します。

 

複勝とは?

複勝とは、「自分が選んだ1頭が3着以内に入れば的中」という馬券です。
ほとんど人が、1頭を選んで1点買いを基本としていますが、何頭でも選んで購入することは可能です。

馬券の種類の中で「一番当たりやすい」というのがメリットですが「配当が安い」ことがデメリットになります。

配当は、3着以内に入った各馬のオッズによって変動します。
たとえば、皐月賞の1番人気コントレイルの場合、オッズは、1.2ー1.7倍。
1人気、3人気、8人気で決まったので、配当は1.4倍となりました。

このように選んだ馬のほか2頭が人気薄の場合は、配当が高くなり、逆に人気のある馬で決まると下限に限りなく近い配当になります。

 

複勝はハイリスクなの?

たまに複勝はハイリスクでローリターンだという人がいますが、これは間違っています。

確かに外れたときの金額の大きさで考えると、複勝に何千円、何万円を賭けるのはハイリスクで、少ない金額で賭けて当たれば配当の大きい3連単はローリスクになりますよね。

でも自分の予想が思い通りに行かなさ具合で考えると、考えて狙った1頭が3着以内に入るより、1着から3着までピッタリと当てないといけない3連単の方が思うように行かなさ具合ではリスクが高いと思うんですよね。 

 

複勝とは実はローリスク

外れた時の金額の大きさ=リスクの大きさではないということです。
千円でも1万円でも、確信を持って馬券を購入するのであれば、複勝が一番ローリスクな馬券だと言えます。そこに金額は関係ありません。

確信があれば別ですが、配当が高いからとひたすら馬単や3連単を買い続ける行為というのが、一番リスクの高い馬券の買い方だということです。

 ただ、複勝が当たりやすいと言っても、単勝1番人気の3着内率は、60%〜65%になっていますので、きっちり上位来る馬を選び、レース数を絞って勝負する必要があります。

 

まずは複勝で勝てるようになる

複勝で勝てなければ、競馬で勝てるようにはなるのは難しいと思います。
少ない金額でいいので、複勝で勝ちを積み重ねれるようになることが大切ですね。

自分が自信を持って選んだ馬が3着以内に入る、この基本ができてから、馬連、3連複、さらに単勝、馬単、3連単の単式系に手を広げて行くべきです。

とは言え、長く競馬を続けて行くには、やはり無理のない金額の範囲で競馬を楽しむことが重要ですよ。

競馬で熱くなったとき冷静になれる方法3選!(自宅編)

f:id:o-tansu:20200421170713j:plain


どうもこんにちは!TATUです。


競馬で負けてしまう人のパターンである 『熱くなる』

最初は自信のあるレースだけを購入しようと思っていても、ついつい熱くなってしまい、気がつけば大きく負けてしまった。ほとんどの人が経験ありますよね。

分かってはいるんですよね。
なのに、惜しい外れ方をしたり騎手が思うように乗ってくれなかったり、と思うようにいかない悔しさが込み上げてきて、ついつい熱くなってしまいます。

そして、勝負する予定のなかった目の前のレースに次々と手を出し、さらに傷口を広げてしまうというのが負けるパターンですよね。

 

競馬は熱くなったら100%負ける

これは100%だと言い切れます。
全てギャンブルに共通です。

熱くなればなるほど冷静な判断ができず、思いも寄らない金額をかけてしまうもの。
熱くなって周りが見えなくなれば、競馬に限らずギャンブルでは、確実に負けます。

それで取り返したことあるぞ!って人も、その時は運が良かっただけで、長期的に見れば必ず負けます。

 

熱くなったとき冷静になれる方法3選

今回は、自宅ですぐできる、熱くなりそな気持ちを冷静にリセットする方法を説明します。

人は損を取り返そうとすると無茶をしますので、熱くなりそうになったときはとりあえず落ち着きましょう!

 

1,シャワーを浴びる

テレビから強制的離れるためにはシャワーが最適。もちろんお風呂でもいいですよ。
30分でもいいので競馬を見ない時間を作ることが大切です。

それにシャワー浴びることで体もスッキリするので、熱くなった気持ちをかなり抑えることができるでしょう。

また、体を温めることで、血流が良くなり脳機能が回復します。
冷静になれて脳も回復、2つのメリットがありますね。

2.散歩をする

晴れている日であれば散歩もおすすめです。
散歩には、「気晴らし」という要素が大きく、精神の安定を保つ効果があると科学的に証明されています。

一度、外に出て歩くことで気持ちが落ち着き、自分を見つめる時間にもなります。
帰って来るころには、今日はもう競馬はいいかなくらいの気持ちになっているはずです。

だだし、スマホは家に置いていきましょう。歩きながら結果を見たり、ネット投票をしてします可能性があります。

3.寝る

そして最後に寝るです。やっぱりこれが一番いいのかなと思います。
ほとんどの人がその日大きく負けて落ち込んだとしても、次の日まで引きずることはあまりないですよね。

なので次の日までではなくても、1度寝てしまえば気持ちは確実に落ち着いくと思います。
寝ることによって脳が休まるため、物事を客観的に見れるようにもなります。

その結果、今日は競馬をまだやるべきなのか、もうやめるべきなのかの判断も冷静にできることでしょう。

♦︎競馬を冷静に楽しもう!

競馬は熱くなったら負けるもの。
熱くなって賭けたところで大逆転なんて都合よく起きるものではありません。

熱くなって負けるであれば、熱くならなかったら負けないということでもあるので、熱くなったときは、いったん落ち着くことが、勝ちを引き寄せることに繋がります。

大負けをなくし競馬を長期的に楽しんでいってもらえたらと思います。
こうして書いている僕も、自分に言い聞かせながら書いています😅

 

 

【競馬】強い馬の見分け方で迷ったらまず見るべき2つのポイント。

f:id:o-tansu:20200418210710p:plain


どうもこんにちは、TATUです!

12日に行われた桜花賞は、デアリングタクトが優勝。
重たい馬場ももろともせず、直線鮮やかに差し切った姿には、ニューヒロインの予感を感じたと同時に、やっぱり強かったんだと思った人も多いのではないでしょうか。

僅か2戦にも関わらず前日には1番人気に押されるほど、これまでの2走は衝撃的な強さでしたよね。
しかし、
「これまで戦ってきた相手が弱かったから」
「勝ち方だけ見たら強いけど実際はどうなの」

という迷いがオッズにも反映され、最終的には4.2倍の2番人気で落ち着きました。
デアリングタクトの強さに確信を持って馬券を購入した人にとっては、2018年のアーモンドアイ同様に美味しいオッズだったのではないでしょうか。

そこで今回は、強い馬を見分けるために、見るべき2つのポイントを説明します。

 

◎直線のラップ

まずは1つ目は、直線のラップを確認することです。ラップとはその馬が最後の直線を何秒で駆け抜けたかを示すもの。
ここで重要なのは、その馬自身が余力があり伸びていたのか、周りがバテたけなのかを判断するということです。

アーモンドアイとデアリングタクト例になります。

アーモンドアイ シンザン記念 京都1600m
ラスト3ハロン 12.1ー11,7ー11.5

デアリングタクト エルフィンステークス 京都1600m
ラスト3ハロン 12.0ー11.7ー11.4



このレースは2頭とも圧勝しています。

ゴールに向けて加速しています。すなわち、この場合だと周りがバテただけではなく、自身に余力があり、ゴールに向かって伸び続けているのがわかります。

強いと言われるほとんど馬は、加速ラップでレースを駆け抜けた経験があります。
なので、直線のインパクトに惑わされることなく、上がりラップの内容を確認することが大切です。

とわいえ、その馬が逃げ馬、先行馬だったり、ロングスパート戦だったりすれば、どんなに強い馬でも最後のラップは落ちてしまうものなので、やはり全体のレース内容を見る必要があります。

◎仕掛けられた時の反応

2つ目は、4コーナーや直線で仕掛けられた時の馬の反応です。

反応が良い馬というのはスタミナがあって余力がある、さらに瞬発力がある証拠、騎手が少し促しただけでスッと加速できる状態を言います。

強い馬ほどスタミナと余力があるので、仕掛けられてからの反応が抜群に良い。
特にペースが上がったタイミングでも自ら上がっていける馬はかなり強いといえます。

これはレース映像を確認するしかありませんので、レース映像を見て馬に余力があったのかどうかを確認するようにしてください。

 

◎まとめ

本当に強い馬なのかどうかを確認するポイントは2つ。

・直線のラップ

・仕掛けられた時の反応

2つのポイントを確認することで、ある程度強さが本物なのか偽物なのかを見分けることができると思います。
まだみんなに疑われている段階で強い馬を見抜いて、高配当をゲットできたら最高ですよね。


以上になります。競馬の予想で迷っている人に少しでも参考になれば幸いです。